May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コード奏法の要 コンプ 転回形

 たのしい音楽教室のピアノコース担当の亘理敬晃です♪

長らくピアノのことについて書いていないので、コード奏法の要の部分を書きたいと思います。

それは、ズバリ!!コンプ(転回)です。

コードの音、例えばCでしたら
基本形は、ド+ミ+ソとなっていますが、音を並べる順番を変えて

ミ+ソ+ド
ソ+ド+ミ

といったように並べ替えます。

そしてコードの進行で次のコードを弾く際は、形を適切にして弾きましょう!
一気に曲らしく活き活きした演奏になると思います。

どう使うかなど、正解というのもないのですが、個性が出てくる所です。

しかし

しっかり身につけないと後々めんどくさい、難しいと思ってしまいます。

ぜひ遊び感覚でコンプ(転回)させてみましょう。

覚えるコツは、まずCやF、Gなどの3つぐらいに絞って
ひたすら形を変えながら低い音から上がっていってみましょう。
呪文のようにとなえながらしていくとさらに良いです。

転回形の形を覚えるには、写真でパチッととるように
視覚的に脳に焼き付けるのもおすすめです。


ちなみに転回形をコンプと呼ぶのは、
全てのコードを1オクターブの中で弾けるようにするためです。
圧縮するという意味ですね!


文章では分りにくいと思いますので
動画も作ってみようと思います。
乞うご期待下さい!

友人の結婚式で演奏


たのしい音楽教室のコード理論+ピアノ講師の亘理敬晃です♪

小中高校と同級生だった親友の結婚式&披露宴に夫婦で出席してきました。
会場が丸の内だったので前日に恵比寿に泊まって、朝タクシーで向かいました。

余談ですが、東京で修行していた時代には、年間48回大阪ー東京を行き来した経験があり
飛行機に乗る度にその時のことを思い出します。

最近は東京へ行った時は、恵比寿に泊まることが多いのですが
ちょうどシーズンでビアガーデンをやってて皆さん楽しそうに飲んでらっしゃいました。

もっともこちらはそれどころではなく
披露宴で演奏の余興を頼まれておりましたので緊張して全く楽しめなかったです。

曲は、新郎新婦からのリクエストもあり
「ハナミズキ」と「ウエディングソング」の2曲を演奏しました。

会場にはグランドピアノがありリハーサルもなしでイイよ強がりましたが
鍵盤のタッチぐらいは確かめておけば良かったと思います。

初対面のピアノを弾くのはすごく大変ですが一期一会の出会いでもありますね。
» read more

保育園でミニ演奏会



今年の夏は、たくさんの笑顔に出会いました。

ご縁があって即席の演奏会をさせていただきました。

少し弾き始めただけで大合唱になったり

知らない曲でも後の方になると歌ってくれたりして

とても元気をいただきました。

幼少期のピアノレッスン

たのしい音楽教室の亘理敬晃です。

教室を初めて間もない頃は、小さいお子さんにどう接していいか分かりませんでした。

大人の方を教えるのには自信がありました。

なぜなら、理論的に、論理的に分かっていただけるからです。

小さいお子さんの場合は、そうはいきません。

言って分かっていただけるなら、どんなに楽でしょう。

あの手、この手でレッスンに集中してもらおうと試みましたがうまくはいきませんでした。

リサーチの結果

「話をよく聴く」

ことに徹しました。

何を考えているのか分からないと手の打ちようもないからです。

技術を教えるのに必死になっていましたが

たのしい音楽教室にこられるお子様たちは、楽しむを目的に来ています。

楽しみながら、ちょっとだけでも毎回学んでいただければと思い試行錯誤してきました。


レッスンは、大きなパートに分かれています。

1、リズムと音符と仲良くなる。

これは、非常に大切です。
ピアノが弾けなくてもできます。

あとあと大事になってきます。

2、音符と五感で友達になる。

たくさんの角度から音符と仲良しになります。

3、コード

最初は大変ですが、ひとつひとつ覚えていただきます。

今では、5歳になられる男の子も自在に弾いて歌っています。


まだまだたくさんありますが、一番大事だと考えているのは

ピアノに大して、苦手意識をなくすこと。

私自身、毎回少しでも成果が上がるとほっとします。

成果もなにも、その子自身が楽しんで通ってきてくださることに感謝して

また、それがすべてです。

小さい頃にピアノを少しでも習った方は本当に上達が早い。

たのしい音楽教室のピアノ担当の亘理敬晃です。

たのしい音楽教室のピアノコースは、一般的なピアノ教室(クラシックなど教本を練習するタイプ)ではなくコードを覚えて理論から弾けるようにアレンジ力をつけるものです。

一番上達がゆるやかな方は、やはりピアノをまったく初めて始められる方。

脳の指令で神経を働かせて指を指令の通りに動かすことに慣れていないというか、
神経回路ができるのにかなり時間がかかります。

私も小さい頃ピアノレッスンは恐怖でかなり厳しく訓練されました。

しかし指の神経を養う面からみれば、非常に後々の上達が早いように思います。

頭では分かっていても指が動かないなどジレンマがつきものです。

それでも根気よくやっていれば動くようにはなってきます。

ですので小さい頃にバイエルをやっていたとか、

ソナチネやソナタまでやったという方は、非常に上達が早いです。

理論というか法則とルールが分かれば弾けるようになります。

もちろん感性=思い切りも必要です。

Apple TV 故障

たのしい音楽教室のシステムを一角を担うApple TV。

3年の寿命を終えました。

動作がおかしいと思っていたら電源が入らなくなりました。

元々発熱がかなりあり心配な機械でしたが、、

この製品は非常にニッチな隙間をつく商品で需要はないと思います。

Macなどと同期して、テレビに映像を映したり、itunesが使えたり
youtubeが観れたりします。


しかも、静かでPC製品にしては珍しいのです。

ついている端子がHDMIなので、ケーブルだけでも当時4000円しました。

なくなってみて初めて分かるありがたさ。

修理は行っていないそうで、今は新品も値下がりしていて手に入りやすいですが、、

この際、より建設的なスタジオのアップグレードを目指してみたいと思います。

ピアノはコツコツが一番

たのしい音楽教室のピアノ担当の亘理です。

最近はずっとDAWやDTMのことについてばかり書いておりましたので
しばらくはピアノのことに専念します。

教室を開設していらい様々なタイプの生徒さんに接してきました。


楽譜通りに弾きたい方

すべて覚えて弾く方

一つのタイプの弾き方にこだわりつづける方


大きく分けてこの3種類のタイプに分かれます。

自分の経験からもそうですが
人はやる気になったときに爆発的にレベルアップします。

なので一切おしつけたり、曲を指定したりしません。

どうせといったら言葉が悪いですが、練習しないし楽しくないでしょう。

あこがれがあって、このアーティストの弾き語りがしたいなど
目指す目標が定まらないと前に進みません。

一番伸びる可能性があるなと個人的に感じているのは
覚えるタイプの方です。

覚えるにも限界があると思いますが
人の能力は可能性の宝庫でいつもびっくりさせられます。


最近になってクラシックの楽譜をレッスンで扱うことがあり
全然弾けなくなっている自分に気がつきました。

ここ5年、ピアノを弾くときに楽譜を使うことがなかったですし
自分のアルバムをつくっているためか、いつも自分の癖で弾いているみたいです。

生徒さん、そして自分自身にも言えますが
こだわって一つのことをすることが
人生に少しのゆとりを与えてくれていると思います。

スタートの季節

たのしい音楽教室のDTM&コードピアノ担当の亘理敬晃です♪

すっかり寒さも遠の気持ちの良い季節になりましたね。
春を通り越して夏に突入しそうな陽気です。

姫路城に行ってきました。


つい先日も生徒さんの入学式があり
小学生であられた方が中学生になられたり時の流れを感じます。

春なので仕事を変えられて新規にスタートされる方も多いです。

冬に大事にためたエネルギーを躍動させる季節になりましたね。

私も音楽専門学校で授業を受け持たせていただいたりと
新たな挑戦も迎えています。

ゴールデンウィークがもうすぐやってまいりますね。
楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

教室の方では、29日(水)に少し早い休みをいただき

ゴールデンウィーク期間中は、通常通り火曜日、木曜日のお休みで
レッスンさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします♪

ほっとする瞬間

たのしい音楽教室のピアノインストラクターの亘理敬晃です♪

仕事で忙しいときやストレスがかかるときにリフレッシュ法を
みなさんももってはると思います。

今日は、講師の人物像を知っていただくためにも公開したいと思います。
» read more

楽譜がない曲

たのしい音楽教室のピアノインストラクター亘理です♪

ピアノコース在籍の小学校高学年の方がやってみたいという曲
楽譜を探しましたが見つかりません。

なんとかコードと歌詞のみが記されたものを用意しましたが
耳コピに挑戦していただきました。

すると隠れたセンスが日の目を見るように

実際に楽譜の通りに弾くよりはるかに音楽的な演奏になりました。
» read more
123>|next>>
pagetop