August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

初期のコードの覚え方

たのしい音楽教室の亘理敬晃です♪

コードを覚えるのに苦労されてらっしゃる方も多いと思います。
慣れればなんてことないのですが初期の覚え方について書きたいと思います。

小学校低学年でも集中力のある方には一気に全コードを覚えてもらっています。

たった12種で大丈夫です!

C Dm Em F G Am Bm-5の7つはC(ドミソ)を形を固定したまま
右へ右へ高い音にスライドさせれば弾けます。

コードには大きく分けて、メジャーとマイナーの2種類があります。

C(メジャー)

Cm(マイナー)

メジャーマイナーを決めているのは真ん中の音ですので
左か右に半音(鍵盤一個分)動かすと音が変化します。

これは感でいいので、Dmを弾いて明るくなる方に真ん中の音を一個分右か左に動かします。
(これぐらい曖昧の方が楽しめたりもします)

注意 Bm-5は「-5」が余計に付いてますので、外すには3個中一番右の音を一個分右に動かします。Bm-5 → Bm

ここで
右に一個動かすことをシャープ
左はフラットといいます。

全部で12個ですのであと、5個ですね!

あとはシャープ、フラットが付いたコードです。

例えばFシャープ

これは、Fのすべての音を右へシャープさせます。

Eフラットでしたら Eの3つの音を左へフラットさせます。

ちなみにFシャープとGフラットは名前が違っても同じコードです。
(同音異名)
Cシャープ=Dフラット
Eシャープ=F
Fフラット=E

Dフラットになろうとマイナーにするには真ん中の音を
一つ左へ下げればいいです。

シャープ、フラットというと難しいイメージもありますが
Fシャープのコード、覚えてしまえばスライドさせることもないですし

コードの形を脳に写真をとるイメージで焼き付けると良いと思います。

実はこれにオプションとして、いろんな音が付きますが
また別の機会に


JUGEMテーマ:音楽

コードの本

たのしい音楽教室のピアノコース担当の亘理敬晃です♪

コードの本について

今まで、コードに関する本は何冊も購入しましたが

本当に分かりやすく実践的な本に出会ったことがないです。

コード理論、楽典など

誰にでも分かると評をうっておきながら、、難しいと思います。


一から積み上げて、説明書を最後まで読み、職人のように使うパソコンから

Macのように直感的に使えるものこそ、これから求められていくと個人的に思います。


コードも直感的に使っていけないのでしょうか?

いくつかのルールと基本の構造を覚えれば

十分に楽しめると思っています。


時間はかかりますが、個人的にコードのしくみ冊子を作ってみようと思っています。

音楽コード 自由自在になる その

たのしい音楽教室「コードピアノコース」の亘理です♪

ちょっとした工夫で世界観の出る秘訣を


メロディーとコードで曲は出来てます。

ここで大事なのがその距離。

メロディーに合わせてコードを変えると距離は縮まる。

距離を大事にするとその場に流されないようになります。

簡単なコードでもテンションノートを使うとプロの音になる〜☆

たのしい音楽教室のワタリです*^^*

お待たせしました><;
その日のうちに書くはずが今日になってしまいました。

次回より必ず金曜日には更新していきたいと思います!!

で、テンションノートのことを書きます。

これを使うとプロの音色になる。

でもむずかしそう。

いや、そんなことはありません▼▼;

つまりコードに使われてる音をコードトーンといい
それ以外をテンションノートとしてしまいましょう。

早速ご覧ください(ずれていますが、ドレミファ〜に番号をつけただけです。)

C D E F G A B C D E F G A B C
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


ふむふむ、ここから何がわかるかというと

まず前回にもお話したとおり、1-3-5で基本のコードはできています。

6や7はみなさん知ってのとおり装飾的に使います。
(甘い音色や日本的な響きを出すためになど)

でここからが大事なんです!!

まず、8と10と12は、1、3、5と同じなので消去します。

そうすると残ったのは、

9のレ

11のファ

13のラ

15のシ

ですよね、、、、、

今の段階では13とか15は、難しいので省きます。

そうすると、9と11が残りました〜☆

この二つの音

そう、お気づきの方も多いと思います。

ドーミーソの間にはさまっている音なんでんですよね。。


ちなみに9はいつでも使って結構。

11は、sus4という形で使ってますよね。

さらにsus4は転回できます。(それは企業秘密)

そして、小指を6や7に運べば、ほぼドレミファソラシドの全部の音が使えることになります。

そう。

コードでCって書いてあっても、ところどころに他の音も入れていって
いいんです。

そうすればメロディーにそった演奏ができるようになって

より情緒豊かになります。

ぜひお試しあれ〜♪


コード奏法で弾くピアノ コードのしくみ

たのしい音楽教室のワタリです*^^*

今日はひさしぶりにピアノについて書かせていただきますね♪

コードの仕組みを理解すると使える音が多くなり

アレンジしながら弾くときに選択肢が増えます☆

たとえば、Cというコード

これは、ドーミーソ三つの音となっていますが
実はこれ以外にもたくさん使える音があるんです!!

まずはkeyがCの時の音階を書きます。

ドレミファソラシドレミファソラシド

ただ単にドレミファ〜の列なんですが、これに番号をつけていきます☆

C D E F G A B C D E F G A B C
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
そしたらどうでしょう♪

どうじてもずれてしまいます><;

ドレミファ〜にただ番号をつけてるだけですので安心してください。

Cはドーミーソ、つまり1−3−5を弾いていたんです。

楽譜を見ると、Cの後に C6やC7といった後に数字が付いているものも
ありますよね。

その時は、Cの1−3−5に6や7の数字の音を+すればいいわけです。

ただし、7は気をつけてください**;

7には普通の7とメジャー7があります。

これは1(ド)からの距離できまるのですが覚えるのは簡単です。

メジャー7は、1の半音下

普通の7は全音下になっています。

ちなみに半音というのは、鍵盤ひとつ分です。

注意 黒い鍵盤も入れて数えてください。

全音は黒い鍵盤も入れて2つ下になります。

あと5の音にも♭がついて半音下がるタイプがあったりします。

例えば、Fm-5 みたいにも書いてあります。


さあ、ここからが大事なんです。

まず、コードの音には2種類あります。

1−3−5のことをいちばん基礎になるコードトーンといいます。

ですがこれだけでは、あまりに単純すぎてプロみたいな音にはなりません。

そこで6から上の数字が付いた音=テンションノートを使います。

テンションは確か++;緊張。
ノートは音符のみだったでしょうか。。

そう、このテンションノートをつかってこそ、世界観を広げることができます。

でもでも、やっぱり基礎はコードトーンです。

コード進行こそが骨組みであり一番大事。

いい曲ほどシンプルなんです。

でもオプションとしてテンションが使えると

バリエーションが増えますから、ぜひ使えるようになってください。

次回はテンションの使い方を書きます〜☆

コード奏法ってこんな感じです♪

個人的な音楽活動のページですがコード奏法で演奏したピアノを聴いていただけるようにしました。こちらよりぞうぞ

今回は、子供のバイエルに入っていた「チューリップ」に挑戦しました。

バイエルってコードを付けて弾くといい曲が多いんですね。

個人的な趣味で感動映画系にしてしまいます。

前回の解説 なぜ白鍵ならどれを使ってもいいの??

いきなり右手は白い鍵盤ならどれでも全部使って伴奏を作れると言われてもなんだか不思議な感じですよね**;

ちょこっと解説させていただきます。例によって個人的な解釈なので
クレームメールを送らないようにしてくださいな♪

えっと、まず曲を作るとき

» read more

ハ長調で弾くコード奏法の裏技 伴奏はこう作れ!!

こんにちは☆お元気ですか??
たのしい音楽教室の影のブレイン、たっちゃんです。

なんだか変な天気で五月晴れと梅雨をいったりきたりしてますね**;

梅雨を超えたらいよいよ「夏」
今から夏に備えて鋭気を養うたっちゃんです♪

雨が降っているときは、部屋でピアノを弾いてはいかがでしょう。

雨に合う曲ってたくさんありますよね。

例えば、徳永英明さんの「レニーブルー」え、ちがうかな**;

うん♪

じゃあ、今日はコード奏法の裏技をご紹介しましょう。
と言っても個人的な裏技なのでいろいろクレームを送らないようにしてくださいよ。


» read more

トランスポーズ奏法

たのしい音楽教室のピアノコースでは、コード奏法に加えて
「トランスポーズ奏法」ですべての曲を弾いてもらっています。

簡単に言えば、すべてハ長調にして弾くことです。
ハ長調といえばご存知の方も多いと思いますが、曲中に♯や♭が
一番出てこない調です。

調って12コあるのはご存知ですか??(大阪芸大中退の知識ですが**;)
12コあってどう使うのか☆

実は調によって聴いたときに受ける印象がちがうのです。
悲しい曲なら○○調が良いとかセンスの見せ所なんですが
ピアノにつまずいた方の多くはこの調が変わっていくと苦労する訳です。

子供の頃に♯や♭を意識しないように叩き込むやり方も昨今流行しているようですが、やっぱりシンプル イズ ベスト!!

メリットは、どの曲も数限られたコードで弾けるので
同じパターンが使える。手癖が付く。
ある曲で出来たアレンジを違う曲にも使うことが出来ます。

そうしてどんどんどんと手を増やしていくと組み合わせなどを考えて
自由自在に弾けるようになる訳です。

手を覚えるにはたくさんの楽譜を参考する。

洋楽もおすすめです。なんと言っても!!
なに!!この手があったのか??っていうぐらい簡単なコードだけど
広がりのある世界観が出てきます。さすが
お勧めサイト アメリカのミュージックノート.com

ここでは、曲によってハ長調にトランスポーズできる機能がついていて
プリンターで印刷できる。日本ではなかなかフレキシブルに手に入らない
曲がいっぱい。参考になります。

本当ですよっ
10年かかりましたが人前でも弾けるようになりました(筆者の場合)

あと、コードを学ぶにも12分の1の量で済むのでわかりやすい。
数学と同じです。一番簡単にしていってから計算する。

1
pagetop