December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コード奏法入門講座 補足編 ペダルの使い方

たのしい音楽教室の亘理敬晃です。
今日は補足編としてペダルの使い方についての動画です。
ピアノは音を混ぜることのできる打楽器とも言えると思います。
サスティンペダルを使って、どんどん音を混ぜていきましょう!!
» read more

コード奏法入門講座9〜10 コードを弾く練習

たのしい音楽教室の亘理です♪


youtubeのたのしい音楽教室チャンネル(happymusicschool)にて

コード奏法入門講座のピアノ1〜10までを公開中です。


いよいよコードを弾く練習入っていきます!


◯コード奏法入門講座9 コード練習1



ここではドレミファソラシドの英語版であるCDEFGABCをコードと結びつける練習です。


Cはドから始まりますので親指をドに合わせて弾きます。

Fはファ、Gはソといった具合で瞬時に持っていけるようにします。


徐々にアルファベットのCDEとドレミが結びつくようにしていきましょう。


◯コード奏法入門講座10 コード練習2



ここでは、パターンを決めて弾く練習をしてみましょう。


突然ですが、列車を思い浮かべてみてください。

何両か繋がって走ってますよね。


列車でいう「1両」のことを音楽では「1小節」と呼びます。


そして、1車両=1小節ごとに車両を移って歩いていきます。


およそ8両=8小節ごとに曲のパートが変わっていくような感じです。

(Aメロ、Bメロ、サビなど)


通常、多くて1車両に4つまでのコードが入ってきます。

普通は1〜3個ぐらいです。


今回は1車両に1つのコードを入れて4両編成=4小節の長さの練習をしてみましょう。


メインコードは19世紀以降はどのような組み合わせでも使えますので

お好きに組み合わせてパターンを作ってみてください。


また次回をお楽しみに♪

コード奏法入門講座8

たのしい音楽教室の亘理敬晃(わたり)です。

youtubeのたのしい音楽教室チャンネル(happymusicschool)にて

コード奏法入門講座のピアノ1〜7までを公開中です。

基本の基本から一歩ずつスタートしておりますが

実は1番大事なことも含んでるので馬鹿にできません。

コード奏法入門講座8 メインコード

http://youtu.be/6mT1_tajens

8回目ではメインコードについて取り上げます。

メインコードとは、曲の骨組みになる1番大事なコードたちです。

曲にはkey(調)があり、そのkeyによって使えるメインコードが決まっています。

メインコードは、巷ではダイアトニックコードと呼ばれていますが

当講座では簡単なわかりやすい用語にしてみたいと思います。

keyは全部で12コありますが

そのうちのひとつ、Cというkeyですべてを考えていきます。

なぜなら白鍵=白い鍵盤のみでおおよそ考えることができ

シャープやフラットをあまり気にしないで良いからです。

Cのkeyは音階=スケールを持っていて、ドレミファソラシドになります。

これを英語にするとCDEFGABC

ここからコードが生成されて

C Dm Em F G Am Bm-5という7つのコード=メインコードができます。

押さえ方は簡単で映像の通りです。

このコードが弾けると、メインのコードですので、その曲はおおよそ弾けたも同然になります。

また次回をお楽しみに♪

» read more

コード奏法入門講座5〜7

たのしい音楽教室の亘理敬晃です♪

コード奏法入門講座 基本編ムービーの5〜7を公開しました。

その5


ドレミファソラシドはイタリア起源のもので
日本では、ハニホヘトイロハになります。
コード理論では英語版のCDEFGABCを使っていきます。

ハ長調のハは、実はドのこと、英語ではCのことになります。



その6

音と音には距離があります。
この距離感で響き合ったりクラッシュしたりと曲に変化を出すことができます。
コードに音楽として命を吹き込むコツはここにありますのでいろんな音の組み合わせを
試してみましょう。


その7

指使いがごちゃごちゃしてくると弾けるものも弾けません。
まずはここから試してみましょう!!
途中でリセットをかけるのがポイントです。







コード奏法入門講座 動画 その2

引き続き

その3


1オクターブ
この区切りが大事です。
お持ちのピアノや鍵盤楽器にはいくつドからドまでのオクターブがありますか?

一般的なアコースティックピアノだと88鍵盤=1オクターブ7個ぐらい。
76鍵盤=6つ
61鍵盤=5つ
49鍵盤=4つ
デスクに置くなら49鍵くらいがおすすめです。(DTM向け)



1オクターブの指使い。
ここにも左島と右島の関係で指を切り替えます。
戻るのも大事ですね。あと慣れたらどんどんと高い方へ行ってみてください。


コード奏法入門 動画1

 たのしい音楽教室の亘理敬晃です。


この何ヶ月間、どんな形でコード奏法の魅力をお伝えすれば

鍵盤楽器やコード理論で曲を弾いたり制作したりすることに役立ててもらえるか試行錯誤してきました。


そこで超がつくほどの基本からやっていきたいと思います。


まずはここから

コード奏法入門講座 その1



ドレミファソラシドの「ド」
鍵盤はいびつな偏りがある構造になっています。
音楽の仕組みと大きく関わってます。

その2


これは当方が勝手に決めた呼び方ですが、大きく2つに分かれています。
あとあとじわりと効いてくる事柄です。

ミとファ、シとドの間には黒い鍵盤がありません。
これは他の、例えばドとレよりも近しい距離にあります。

距離はあとあと大事ですので「音と音には距離がある」と思ってください。
ちょこっと先取りすると音の距離で受ける印象が変わります。

色と音の共通点

たのしい音楽教室の亘理敬晃です。

今日は音と色は似ているというお話です。

たくさんの色があるパレットを思い浮かべてみてください。

例えば12種類の色があり、絵に色を塗っていきます。


ここは、この色にしようとか、
ここには、青と赤を混ぜて紫にしようとか


混ぜ合わしたり、単色で使ったり感性で色を塗っていきます。

音も同じようなもので、12個の音から好きな音を選んで混ぜる。
この混ぜるというのがコードになります。


音楽的なルールでいうと12色分=12個の音があります。
そこから7つの色を選びます。

その7つの色から3つか4つを選んで組み合わせるとコードになります。

つまりコードとは、絵を描くための色の組み合わせなんです。
組み合わせる色によって感じが変わります。

ちょっと冷たい、温かい、明るい、暗い、悲しい、興奮する、落ち着く、、など

音って音色とか言ったりしますよね☆
まさに色なんですね〜♪




コード奏法入門講座 マインドマップをプレゼント!!

たのしい音楽教室の亘理敬晃です♪
コード奏法入門講座、基礎編のマインドマップができました!!


ご好評をいただき配布は終了いたしました。
» read more

トニイホロヘハとセットで覚えよう!!

 たのしい音楽教室のピアノ&DTM担当の亘理敬晃です♪

以前、といってもかなり昔ですが、トニイホロヘハという移調に便利な言葉に触れた記事に
現在でも結構アクセスをいただいてます。


トニイホロヘハはまさに4度圏表でのkeyの並び順になっていて





シャープが増えていく方(反時計回り)ですね。

時計回りは反対から読んだヘロホイニトハです。


トはシャープ1個、ニは2個

へはフラット1個、ロは2個といったように

シャープやフラットの個数で、その曲のkey=調がわかります。

ちなみにトとかへとかは、

ドレミファソラシドの日本語版=ハニホヘトイロハですね。

つまり「ト」は、ソですので=Gのkeyになります。

そのまま日本語ですと、ト長調になりますね。


さて、「トニイホロヘハ」「ヘロホイニトハ」とセットでぜひ覚えていただきたいのは

「シミラレソドファ」と「ファドソレラミシ」です。

シミラレ〜はフラットが付いていく音の順番です。

逆にファドソレ〜はシャープの付く音の順ですね。

つまり、例えばシャープ1つは「ト」です=ト長調=Gのkeyですね。

シャープ1個は、ファドソレ〜の1つ目ですので、ファの音に付くことになります。


もう一つだけ例で挙げると

例えば、フラット3つの「ホ」=Eフラットのkeyです。

するとフラット3つは、シとミとラに付きます。


以上、これでどの順番でシャープやフラットが付いていくか分かりますし

その数でどのkeyかも分かりますね!!

ではでは〜

おっと、ちなみにkey C=ハ長調はシャープもフラットも1個も付きませんので♪


コード奏法入門講座 いよいよ始まりました!!

 たのしい音楽教室のピアノ&DTMコース担当の亘理敬晃です。

ごあいさつから、あっという間に1ヶ月経ってしまいましたがついに動き始めました!

音声、動画などを駆使して分りやすくお伝えできればと思います。

ピアノをコードでアレンジして演奏する。曲を制作する。

何をするにも、まず音楽の仕組み=システムをインストールしましょう!

知識と知識をつなげてマップのようなものを作れると分りやすいですし
ずっと役に立つものになると思います。

大きく二つに話を分けることができます。

「音楽、コードの仕組み」と「コードを使って弾いていく実践」に分かれます。

前者の仕組みは、曲の構造にはどのような特徴があるかについて
主に曲の雰囲気やコードの並べ方の話になります。

実践の方では、実際に弾くための知識についてです。
コードの押さえ方や演奏パターン、コードに流れを作る方法などの話になります。

たくさんの方が曲をつくったり、ピアノを自由にアレンジして弾けるようになっていただくのを
想像しただけで嬉しいですしワクワクします。

ぜひご活用ください!!



まずはたのしい音楽教室のWEBページからメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

特典や受講方法はメールマガジン内でお知らせさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


12>|next>>
pagetop