October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

声の流儀〜声から学ぶ自己プロデュース〜

当教室の主催者&ヴォイストレーナーのnaluのブログです☆
どうぞご覧ください♪

声の流儀〜声から学ぶ自己プロデュース〜

〜幸せになれる声、愛される声は、世界を変える。夢を実現する〜

声が変わると何が起こると思いますか?
日々声と向かい合いながら、私達に与えられた尊い音、声の素晴らしい可能性に気づかされます。
毎日発している自分の声や相手の声にもっともっと興味を持っていただきたくて。
声で幸せになれる、愛されることが本当にあることを伝えたくて。
声が変わると性格が変わり、表情が変わり、環境が面白いように変わります。
仕事にも、恋愛にも、日常生活にも、素晴らしい変化をもたらす魅力的な声とは?
声にまつわるエピソードや、声の愛しみ方をお伝えしていくブログです。
presented by...たのしい音楽教室主宰&ヴォイスパフォーマー、nalu

もっともっと歌ってほしい♪伝えてほしい。

歌を歌い始めて何年が経つでしょう。

シンガーソングライターだとか、バンドヴォーカルだとか、ジャズだとか、メジャーデビューだとか、そいういうのを超えて、歌うということは、本当に人間にとって健康的で美しい表現行為のひとつだと痛感させられます。

声にはその人の自信みたいなものが表れると思っています。

もっと、もっと、皆さんに歌っていただきたいなって思います。

例えば、大企業の社長さんなんかが誕生日パーティなどを催され、ご自分が主役だとしたら、日頃習っているピアノを皆さんに披露したり、歌のひとつも心から歌ってみる、そんな風習があってもいいと思うのです。

未熟な私が言うのもなんですが、アートは人を謙虚にさせると思うのです。

芸術の世界では、人は本当に対等です。

先日も仕事でお会いしたWebデザイナーさんに

「○○さんは、独立される前、どんなお仕事をされていらっしゃったのですか?」と質問させていだくと

「私はもともと彫刻家なんです。芸術大学を卒業しました。それからは、いろいろな仕事を経験しました。」と仰ってくださったとき、すっごく嬉しかったのです。

なんか日本人って「何をされているんですか?」と尋ねれば、会社の名前や肩書きを答えたりされるでしょう?

時代もあるのかもしれませんね。

でも、これからの時代は「私は○○○をやっています!」って、肩書きや仕事ではなく、好きなこと、続けている趣味や芸術活動などを答えてほしいと思うのです。

そうすると、みんなが対等で楽しいと思いませんか(^_^)

年齢も肩書きも関係なく、それぞれの趣味を楽しく語り合える仲間になれるのです♪

もっともっと、心の内を歌ってほしい♪伝えてほしい、聴かせてほしいって、思います。

愛すべき、人の"声"

最近、当教室の「たのしむための話し方教室」へ訪れる生徒さんが多くなってきました。

生徒さんはそれぞれいろいろな思いを感じてこちらに訪れてくださいますが、周りに"声"や"話し方"に興味を持たれる方が多くなってきているようで、共感できる方とお会いできることがとても嬉しいです。

私はいわゆる"声フェチ"なんじゃないかと思っています 笑

人の声を聴くことが好きで、ちょっとした声の変化が気になったりします。

私は歌を歌いますが、なぜいつも「歌うことって、こんなに気持ちがいいのだろう?」と思います。

そんな疑問を毎日考えているといっても、言い過ぎではないほどです。

歌が私たちに与えてくれるこのトキメキ、それは、メロディからくるものなのか?リズムからくるものなのか?それとも、声そのものからくるものなのか?

私にとってのこの胸が響く感じは、きっと"声"そのものからくるものなのではないかと気づき始めています。

普段歌を歌うことのない人は、話すことでしか"声"を発しません。

それは、「おはよう」だったり、「ばいばーい」だったり、「ありがとう」だったり。

話すとき、声のトーンを気にされたことはありますか?

うきうきしているから、声がちょっと高くなる。

恥ずかしいから、声が小さくなる。

言いにくいから、喉が絞まったような声になる。

気にして話すというより、何らかの感情の変化があって、声のトーンが変わるということの方がきっと多いでしょう。

「歌うことで謙虚になる」という言葉はおかしいでしょうか。

そんな気がしています。

ここは大らかに歌いたい。

ささやかに歌いたい。

何もかもを曝け出したように、声を張り上げたい。

そう、こんな風に歌おう。

こんな歌い方でよかったのかな。

歌いながら、いろいろな感情が顔を出します。

それら思いを"声"で表現します。

文章でもなく、言葉でもなく、"音"。

"声"で感情を表すのが歌なんです。

そんな風に思いをめぐらせると、話すために"声"を発するときも、もっと感情を表してもいいのかな、と思うのです。

自分のいいように、気持ちよく、相手にも気持ちよくなってもらえるように、感情を"声"に乗せるのです。

"声"は、思いを伝えるために存在していることに、改めて気づかされる日々です。

"思い"は"声"、"思い"は"人"。

その昔、メラビアンも行き着いた答えなのかもしれないですね。


今日の一冊 / 声をめぐる冒険(渡邊満喜子著)


※「メラビアンの法則」とは、メラビアンという心理学者が、人が誰かと初対面で会ったときに受ける印象を決定付ける要素を分析したもので、相手方に与える印象の度合(比率)は「話の内容」が7%、「話し方」が38%、「ボディーランゲージ」が55%の割合であるというものです。

カラオケ・ゴーゴー

今日は久しぶりにカラオケに行ってきましたん♪

メンツは今実家から遊びに来ている弟と教室のピアノ・DTM講師たっちゃんの3人。

弟が明日帰るのでその思い出土産にと。

ROUND1JOYSOUNDを選んだのですが、最近のカラオケは音が良いですねー、びっくりしました 笑

それぞれ個性の出る選曲で楽しいひととき。

今日は特に本人がプロモーション映像に映るカラオケにはまっちゃいました。

歌って楽しい、目で見て楽しい☆

特に弟が選曲したユニコーンの"Maybe blue"に大興奮っ。

ああ、中学・高校時代、まさしく奥田民生さんの虜だった私・・・。

カラオケなので、とにかくみんなで楽しめる歌、自分が楽しめる懐メロなんかを歌っちゃいました。

はい^^;こんな感じで・・・

★歩いていこう(JUN SKY WALKERS)'97年に解散してしまったユニコーンらとともに青春時代を飾ってくれたバンドでした。メンバーだった寺岡呼人さんはゆずのプロデューサーをされているんですってね^^

★青空(ザ・ブルーハーツ)青春時代誰も彼もが愛したブルーハーツ・ファンをミーハーだと決めつけていた私は(今思えば愚か)、昨年夏に観たフジロックのハイロウズのステージですっかりファンになっちゃった。今までごめんなさい(..)今になって甲本ヒロトさんをもっともっと知りたくて☆良いページを見つけちゃいました、勝手にご紹介→コチラ

★君は1000%(オメガトライブ)カルロストシキさんの甘いマスクと声が印象的^^

★BLIEVE(渡辺美里)この曲が一番好きだったかなぁ。。小室哲哉さんが小室ファミリーを形成する前の名曲^^

★ハナミズキ(一青窈)最近この曲を徳永英明さんがカバーされていますね、これが最高^^

★I drove in the night(Cindy Lauper)一番初めにハマった洋楽シンガー。彼女は本当にいくつになっても美しくて愛らしくて大好き^^この曲はCeline Dionもカバーしている名曲^^

★Mascarade(傳田真央)この曲は挑戦魂に火がついて気力のあるとき歌いたくなります 笑。とにかくキィが高いしジェットコースターのような緩急メロディ^^;

★Your Song(Elton jonh)結婚されて1年ほど経ったでしょうか。本当に名曲中の名曲。"This is your song"のフレーズにぐっときます^^

★Listen to my heart(BoA)彼女ってほんとに可愛い^^本人映像が観たくて歌っちゃいました^^

などなど、他にも歌いましたが紹介はこれくらいで。

人が歌ってくれているときも、マラカス、カスタネット、タンバリンを駆使してノルのはたっのしーっすねっ(^0-)♪

笑いも喜びも、悲しみも悔しさも、怒りさえも歌にしてしまおう。

今日は久しぶりに怒りました。

音楽教室のブログなのに、こんな内情のことを書くなんていかがなものだろう??

いや、いいんです。

私の教室なんだから。人間なんだから。

怒っちゃったのは生徒さんやスタッフじゃありませんので、これから当教室にお越しになりたいと思われている皆さん、誤解しないでくださいまし(*^_^*)

あいー、私は経営者でもありますが、ヴォーカルコースの講師でもありますが、その前に歌歌いでもありますので、より人間らしく感情はストレートな方です^^;

なんせ好きな言葉は「ど真ん中」ですから 笑

シンガーの方、ソングライターの方、歌詞の書き方、書く場所、書く時間は人それぞれでしょうが、私の場合、何かに心を大きく動かされたときに思いっきり言葉を書きまくります。

その断片がいつかの歌になっていっちゃいます。

逆を言えば、何かに心大きく動かされないといくら時間を使っても書けません。

よって、歌詞ネタは少なくなる一方です。

今日もいい詩が書けそうです。

私の喜怒哀楽の中で一番少ないのは"怒"です。

だから、こんな日は願ってもないチャンス☆

怒りをいっぱい歌詞にしてしまおう。



日本人の女性テクノ・アーティストといえば??

こんな質問を投げかけておいて、答えられないブログを書いてます。。。

はい、すみません。m(__;)m

いらっしゃるんでしょうかねっ!?

日本のテクノを代表する、しかも女性アーティスト。

最近の日本のテクノ(エレクトロ)アーティストは世界でも活躍されるようになってきましたね。

でも、テクノと聴いて女性アーティストはなかなか思い浮かびません。

そこで、いろいろとMusic Storeを物色。。

「テクノ」のカテゴリがないので「エレクトロニック」で検索してみる。

すると、なんと日本人のアーティストの少ないこと。

要するに、ほとんどMusic Storeとは契約がないということでしょうか。

そんな中、シングルもアルバムも人気ランキングに入っている「Capsule」を発見。

聴けば女性ヴォーカルの声。

で、なんともいい感じ♪

ホームページなどで見れば見るほど、ジブリのショート×ショートで一風変わった映像となんともフレンチでキュートな音楽が流れていたのを思い出して、「ああぁっ!Capsuleというのかっ」と。

久しぶりにはまりそうなユニットを見つけました。

でも、「女性テクノ・アーティスト」というのにはちょっと当てはまらないかな。。。

そんな中、またどうしても気になる女性アーティストを発見☆

日本人じゃないのですが^^;、なんか「テクノ女番長」なんて呼ばれちゃってるんです。

ELLEN ALLIEN

これまたMusic Storeにはないので、彼女のホームページを見れば見るほど音源を聴きたい欲求に駆られています!

そして、今日行き着いたページがここ↓。
http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/nlbn/NL000155/vl_138.htm

なんかいっぱい気になるアーティストがいそうです。

今日はここまで♪

今日の1曲/「jelly」Capsule





今年オススメのクリスマス・ソング♪



今、すっごい轟音とともにピカっとっ!

雷です。

怖い怖い。

器材が危ない。。

気を取り直して (^-^)

12月に入って、いろいろなところでクリスマス・ソングを耳にする機会が多くなる季節です。

そんな中、私のオススメ☆クリスマス・ソングを6曲選んでみました。

うちの音楽教室が開校してから6ヶ月経ったということで。。。



★My favotite things / 土岐麻子(Standars〜土岐麻子jazzを歌う〜

コメント:
私はこの歌を聴いて一気に土岐麻子さんのファンになりました。
歌はいわずと知れた名曲。"サウンド・オブ・ミュージック"でも知られる曲です。

★This Christmas A・Cappella / BoyzMen(Winter)

コメント:
さすが!の実力でつい手を止めてしまう素晴らしいボイス・アンサンブル☆
声と声のミフィーユ♪

★White Christmas /Diana Krall(Christmas Song)

コメント:
現代、過去に存在するjazzシンガーの中で今一番好きなダイアナ☆
極上のクリスマス・ソング。贅沢なひとときが過ごせる♪

★On Christmas Morning /Michael McDonald(In the Spirit)

コメント:
思わずファザコンになっちゃうほどいいお声*^^*

★Santa On Surfboard /naomi&goro(Winter Sleep)

コメント:
冬のアルバムなのですが、とってもほっこり温かい。南国の陽だまりの中にいるように聴けます。聴きながらお昼寝したくなるような居心地の良さ。

Ave Maria / Stevie Wonder(The Complete Stevie Wonder)

コメント:
実はあまりスティーヴィー・ワンダーの曲は聴いていなかったのですが、こんなに歌い手だったのですね!ワンマン・ゴスペルとはこのことです。ソウルフル!!


あー、今日もクリスマス・ソングを聴いてクリスマス気分です♪
皆さんも思い思いのクリスマス・ソングをお楽しみくださいね(^-^)

季節感をいろいろなところから感じましょう。

電気を通さない音、空気を流れて伝わる音。



今日は朝からばたばたと大忙し。

言い換えれば、充実した日でした。

朝から写真やさんへ、銀行へ、クリーニング屋さんへ。

気が付けばもうお昼が過ぎ、午後3時からのセッションタイムが迫ってきているっっ。

まずい・・・Mr.ドクターを待たせるわけにはいかないのだぁー☆

だが、まだやることはあるのだ。

今日は友達の誕生日で、昨日贈りそびれた誕生日プレゼントの配送手配をしなくちゃならない、いや、書き方が違う、手配をしたい♪

バースデー・カードに色鉛筆で友達への思いを思いのまま書きなぐる。

Happy birthday to you!
いつも いつも ありがとう♪

大急ぎで配送し終えると、次は、これまたクリスマス・カードとうちの教室の生徒さんたちへのクリスマス・プレゼントの準備にとりかかる・・・。

そうこうしているうちに、やって来られましたMr.ドクター。

大好きなギターを何本も持って、お髭と長髪に丸眼鏡。

この季節に見ると、まるでサンタクロースがたくさんのプレゼントを持ってやって来てくれたようだ 笑

そして、今日は次の仕事のリハーサル。

あるフィルムに合わせて3分の音楽を作った。

先方がフィルムの編集をするために、音源がほしいとのことだったので、急遽ラフレコーディングで、Mr.ドクターがまずギターをレックし、その後わたしが好きに歌ってレック。

やっぱり、Mr.ドクターのギターは最高だ♪

ヘッド・フォンから聴こえてくるギターの音とわたしの声。

サーファーが波に滑り出していくように、うまーく乗れた気がする。

そして、今度のライブリハ。

久しぶりに久しぶりの選曲を演奏する。

いい曲ありますね、いっぱい。

今日はMr.ドクターといつもよりも近くに座ってセッションしました。

そうすると、普段はマイクを通して、とか、ステレオを通して、とか、電気を通して耳に入ってくる音とセッションしていたんだなぁってことに気が付く。

こうして近くにギターの音波を感じると、音は確かに空気を流れてわたしも耳に入ってくるんだ。

セッションの後は、いつものようにお茶をいただきながら音の話で盛り上がる。

みなさんの日常の中で、電気を通していない音はなんですか?

いつも近くにいる人の声だったり、おいしいお茶を注ぐ音だったり、雨の音だったり。

なにが一番お気に入りの音ですか?


今日の1曲「My favorite things」土岐麻子

※写真は、紅茶を掬うリーフ型スプーン

マドンナ☆あの体が47歳っ!?!?

今日は久しぶりにお気に入りのテレビ番組「とくダネ」が見られた。

サラリーマンを辞めてからというもの、本当に久しぶりに見た。

単に起床時間が遅くなっちゃったってことなんだけれど。

いつかコメンテーターになれるとしたら、「とくダネ」がいいな☆と密かに思っている、むふふ。

思うのは自由だもん、いいじゃない♪思うだけ思わせてぇー。

あと、もしもあのテレビ番組に出られるとしたら・・・とついつい思い続けて長いのは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の食わず嫌い王のコーナー。

私がいつかあそこに座れたら・・・♪どうしよう・・・☆嫌いな食べ物がない・・・困ったわ*^0^*、なんて空想するのが好きなの。

そう空想させてくれるテレビ番組は何個か持っておくと楽しいと思う。
(独り言です)

かなり、脱線しちゃってた。

そうそう、久しぶりに見た「とくダネ」で、これまた結構好きなディヴ・スペクターのアメリカ情報のコーナーをちょうどやってました。

そこに、ぬぁ、ぬぁ、ぬぁ、なんとぉっ☆

ピンクのレオタードのマドンナがまっことセクシーにダンス・ダンス・ダンス♪

どうーーーーーーーーっ見ても47歳にはっっっっっ(興奮)

見えなくてよーーーーーーーっっっ☆(0_0)

っっっっっっ、こてん、こてん、こてん、、、、びっくらこきました。

マドンナの新作『Confessions On A Dance Floor』はすごいっっ!!!

Macのミュージックビデオで買えるのかなぁーー。

要チェキラです☆

今日の1曲/「Papa don't preach」マドンナ

会話で幸せになる♪



梅田イーマビルにはよく出かけます。この日はB2Fの"テアッシュアロマティゼ"にてお茶を楽しみました。焼きたてもっちりクレープと種類豊富な紅茶のセットがおすすめです。


私は歌うことが大好きで、曲を作ることが大好きで、そして、人の歌を聴くことが大好きで、演奏を聴くことが大好きです。

それと同じくらい、人と話すことも大好きで、話を聴くことも大好きです。

例えば、朝家を出るときに気分が優れなくても、ちょっと人と会話を交わしただけで心がすぅーっと軽くなり明るくなってテンションも上がってくる・・・この快感は、その日一日を明るく素敵な時間へと変えてくれます。

テンションが上がると声のトーンも明るくなり、笑顔になり、とにかくハッピーでうきうきした自分になります。

ハッピーでうきうきした自分には、ハッピーとうきうきが伝わるのか、明るい人たちが集まってきます。

自然と話題も広がり、深まり、いつもよりも相手を身近に感じることができるのです。

なかには話すことが苦手、怖い、という方も少なくないと思います。

人と話をする度に上手に会話ができなくて落ち込むということもあるでしょう。

私ももちろんそういった経験があります。

「あのときなんでもっと気の利いた一言が言えなかったのだろう」とか「ちょっと喋りすぎたかな・・・」とか「もっと上手に話を聴いてあげられたらよかったのに・・・」などなど、終わってしまった会話を何度も連想しては繰り返し反省することもあります。

時々はそんなことがあっても軽いスイッチを押すように、ちょっとしたコツさえ覚えれば簡単に明るい自分に生まれ変われるのです。

簡単ですぐにできるそのコツは、自分の気持ちの良い声のトーンを見つけることです。

高い、大きな声を出して話してみたり、低い、小さな声を出して話してみたりしながら、気持ちの良い高さ、大きさを探ってみましょう。

もしかして、いつも話をしている声のトーンよりも少し高くて大きいところが一番気持ちの良い声の出し方かもしれません。

どうぞ、毎日その気持ちの良い部分で声を出して話をすることを試してみてください♪

声は、外見の次に人の心が表れる部分でもあります。

緊張しているときは声が上ずったり、自信のないときは声が小さくなったり、後ろめたいときは声をひそめたり、と声は心の状態を教えてくれます。

自分を周りの人にも楽しくて明るい人と思われたいと思ったら、声を楽しく明るくしてあげましょう。

温かみのある声、芯のある声は、あなたの環境を大きく変えることでしょう。

また、あなた自身の思いを伝えることに対して、ちょっと勇気を出すことも大切に思えます。

上手な言葉を並べなくてもいいので、素直に思いを話すこと。

相手はあなた独自の気持ちが聞けると、あなたと同じだけ心を打ち明けてくれるでしょう。

また、相手の思いをよく聴く(質問する)ことも大切です。

あなたが親身に耳を傾けてくれることが、相手にとってはとても嬉しいことなのです。

自分の思いを素直に相手に伝えたり、相手の思いに耳を傾けることができると、会話が盛り上がり、お互い思い思いのことを伝え合う、受け取り合うことで心が晴れ晴れとしてきます。

まずは、自分の耳にも喉にも気持ちの良い声を出して話す、自分の声を好きになることは、相手をより近くに感じられる近道です☆

Talk like singing

歌うように話をしよう♪(^-^)
12>|next>>
pagetop