May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヒッチハイクに遭遇したこと、ありますか?


わかりにく写真ですが、フジロックのリストバンドです 笑
興奮覚めやらぬぅ。

フジロックの帰路につきながら休み休みドライブして、やっと名古屋を過ぎ一宮のサービスエリアに入ったとき、ふとパーキングの出口付近にヒッチハイクをしている男性を見つけました。

男性の持っている画用紙には「京都」と書いてあります。

ささ、どうするか・・・・。

皆さんなら、どうしますか?

乗せてあげようか、いや、事故したら責任がとれないぞ、いや、でも、通り道なんだし、でも、知らない人だし・・・

と、いろいろなことが頭をよぎります。

明らかに「京都」よりも先のナンバーがついた車を運転して、その方の前を通り過ぎるのも申し訳ないような気がします。

このとき、改めて感じたのです。

親切にも勇気がいるんですね。

そう思い出した途端、勇気を出さないまま知らんふりして帰れなくなってしまいました。

よし、乗っていただこうっ。決意

意気揚々とその男性の前に車を停め、「どうぞ、乗ってください」と言うと、「ありがとうございます!実はもう一人ヒッチハイクをしている人がいるので、一緒にいいですか?」と言われました。

もう、ひとりもふたりも一緒ですよね^^;乗っていただくことにしました。

(あ、念のため言っておきますが、私ひとりで運転していたわけではないですよ、友達が一緒でした^^;)

おふたりを乗せてからは話が弾む弾む 笑

ミュージシャンでギターを担いできた彼は、「実は昨日タイから帰ってきたんですよ。タイはとにかくフルーツがおいしいんです!タイに行ったらぜひフルーツをいっぱい食べてください」という話をしてくれ、もうひとりの彼は「長野でサイクリングのインストラクターをやってきた帰りなんです」と爽やかに話してくれました。

思えば、初めて会った人たちと車内で数時間も会話をするのは初めての経験でした。

一昨日、あのとき乗せてさしあげたヒッチハイカーさんからお礼のメールが届きました。

あのとき少しの勇気を出して、乗せてあげて良かったなって、そう思いました♪



comments

   

trackback

pagetop