November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

心を封じ込めたレコーディング期間


先日行った兵庫県三田市にある"せんちゅりー橋"


今日、私の初フルアルバムとなる音源を曲順に並べて聴いていました。

自分ではない人が歌っているように聴こえました。

このアルバムの歌を歌い始めたのが今から2年前で、録音をし始めたのは1年半ほど前になります。

もう半年前に録音を終え、MIXの期間が随分長くかかりました。

MIXは本当に大切な作業で、私にはその苦労が分からず、パートナー&プロデューサーの間所さんは今日のこの音ができるまで大変な苦悩を味わったようでした。

「歌声を録音する」

長くレコーディングを積み重ねてきて、よくよく考えてみれば、そのときの心を封じ込める作業に似ていると思いました。

今日、まだ正規の盤になっていないアルバムの産音を聴いたとき、2年近くかけて歌ってきた(創ってきた)今の私の歌がどういう姿をして現れてきたのかをはっきりと感じました。

またひとつ新しい自分を知った、そんな気がします。

アルバムはあと数曲、もうワンパターンMIXをするようです。

とことん"やれる可能性"を感じるときは"やらなくてはいられない性分"の間所さんです。

他の方の手でマスタリングがなされ、この音源が正規の盤となって、イメージを反映させたケースにパッケージされる日が待ち遠しいような、物寂しいような、マーブル模様の気分です。

ただ、今までの創ってきた時間に対する心は、今日の音を聴いてはっきりとクリアになりました。

もうこの心の水に何を落とされても、何を映されても、何を浮かばされても、大丈夫です。

comments

   

trackback

pagetop