May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

購入したプラグインはいつまで使いますか?


 たのしい音楽教室のDTMコース担当の亘理敬晃です♪

かなりもったいない話ですが、今までに購入したプラグインでずっと使っているものが
少なくなってきました。

dawソフトにデフォルトで付いてくるプラグインの性能が上がったからでしょうか?

自分の音楽を制作する上で必要なものが限られてきたからかも知れません。

ただwavesやuad-1,2(universal audio)などにしても
64bitにまだ成りきれていないですし、バージョンアップなども
長年使っていると気持ちが重くなってきます。

uad-1は倉庫に入っていますし、uad-2 laptopは新しいMacbookを15インチにしたので
もう使わないと思います。
かといってfirewire800も消え逝くでしょうから新たに購入する気にもなりません。
ちなみにuad-2 laptopはThunderboltのアダプターを通せば使えるかも知れませんが
そこまでする気力もないのが現状です。

32bitプラグインとLogic 64bitは何かと面倒な自体が続くのでわずらわしいのであまり使わなくなってしまいました。
Logicの場合32bitブリッジというのがすぐにエラーになります。
その点、NIのソフトシンセは対応が早いので良いと思います。

昔ですと、waves、universal audio、sonalkissぐらいだったメーカーも
softubeやslate digitalなど新鋭メーカーが登場し良く出来ていて
おもしろいんですが、どこまでもつき合うと精神力を消耗してしまいます。

個人的には録音時以外にアウトボードも使ってなくて
ちゃんとしたオーディオIOとモニターがあればデフォルトのものだけで
おもしろい音を創ることができる感じになってきました。

プラグインにワクワクした時代も終わり堅実になってくるのかも知れませんね。
メーカーも個人ユーザーをいちいち相手にしていくのは無理があると思いますし、、



comments

   

trackback

pagetop