December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コード奏法の要 コンプ 転回形

 たのしい音楽教室のピアノコース担当の亘理敬晃です♪

長らくピアノのことについて書いていないので、コード奏法の要の部分を書きたいと思います。

それは、ズバリ!!コンプ(転回)です。

コードの音、例えばCでしたら
基本形は、ド+ミ+ソとなっていますが、音を並べる順番を変えて

ミ+ソ+ド
ソ+ド+ミ

といったように並べ替えます。

そしてコードの進行で次のコードを弾く際は、形を適切にして弾きましょう!
一気に曲らしく活き活きした演奏になると思います。

どう使うかなど、正解というのもないのですが、個性が出てくる所です。

しかし

しっかり身につけないと後々めんどくさい、難しいと思ってしまいます。

ぜひ遊び感覚でコンプ(転回)させてみましょう。

覚えるコツは、まずCやF、Gなどの3つぐらいに絞って
ひたすら形を変えながら低い音から上がっていってみましょう。
呪文のようにとなえながらしていくとさらに良いです。

転回形の形を覚えるには、写真でパチッととるように
視覚的に脳に焼き付けるのもおすすめです。


ちなみに転回形をコンプと呼ぶのは、
全てのコードを1オクターブの中で弾けるようにするためです。
圧縮するという意味ですね!


文章では分りにくいと思いますので
動画も作ってみようと思います。
乞うご期待下さい!

comments

   

trackback

pagetop