May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

トニイホロヘハとセットで覚えよう!!

 たのしい音楽教室のピアノ&DTM担当の亘理敬晃です♪

以前、といってもかなり昔ですが、トニイホロヘハという移調に便利な言葉に触れた記事に
現在でも結構アクセスをいただいてます。


トニイホロヘハはまさに4度圏表でのkeyの並び順になっていて





シャープが増えていく方(反時計回り)ですね。

時計回りは反対から読んだヘロホイニトハです。


トはシャープ1個、ニは2個

へはフラット1個、ロは2個といったように

シャープやフラットの個数で、その曲のkey=調がわかります。

ちなみにトとかへとかは、

ドレミファソラシドの日本語版=ハニホヘトイロハですね。

つまり「ト」は、ソですので=Gのkeyになります。

そのまま日本語ですと、ト長調になりますね。


さて、「トニイホロヘハ」「ヘロホイニトハ」とセットでぜひ覚えていただきたいのは

「シミラレソドファ」と「ファドソレラミシ」です。

シミラレ〜はフラットが付いていく音の順番です。

逆にファドソレ〜はシャープの付く音の順ですね。

つまり、例えばシャープ1つは「ト」です=ト長調=Gのkeyですね。

シャープ1個は、ファドソレ〜の1つ目ですので、ファの音に付くことになります。


もう一つだけ例で挙げると

例えば、フラット3つの「ホ」=Eフラットのkeyです。

するとフラット3つは、シとミとラに付きます。


以上、これでどの順番でシャープやフラットが付いていくか分かりますし

その数でどのkeyかも分かりますね!!

ではでは〜

おっと、ちなみにkey C=ハ長調はシャープもフラットも1個も付きませんので♪


comments

   

trackback

pagetop