May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デスクの手触りが作業効率を落とす。



デスクの手触りって気にしたことありますか?

肘や腕にくっつく所ですし、マウスの滑り心地にも関わってきます。

マウス運びがすっとスムーズになることでDAWや作曲により集中と個人的には思っています。

マウスは使わない。もっぱらトラックパットで、という意見もあると思いますが

入力デバイスには選択肢をたくさん持ったほうが良いという見方をしています。

鍵盤にしたって、たくさん選択肢がある方が良いと思います。

写真のようなフルサイズ49鍵盤のmidiキーボードは一昔ですとシンセよりも小型で
なんて省スペースなんだと感動したものですが

現在ではkorg microkeyをはじめミニサイズ鍵盤でおもちゃみたいに小型な製品が多く出ています。

いろいろな機材がちょこまかとデスクに乗ってくると自然スペースの問題が出てきます。

きれいにラックに収めるより、使用する機材が机に乗っていたほうが

作業をしている実感に浸ることができるので、どうしてもスペースが足りなくなってきます。

すると、サイドテーブルやデスクのサイズ変更を余儀なくされる訳です。

IKEAなどでデスクを買ってくるのが好きなのですが、もっぱら120cmではまったく刃が立たず

高さに関しては70ちょいが一番日本人にあるのかなと感じておりますが

やはり横幅は、150cm以上はほしいですね。180cmになると、もはやリビングですし

リビングの大きなテーブルを自分のものにできないか画策したことが幾度となくあります。

写真のように毎回midi鍵盤をセットしなくてはいけないので

いざ、という時になかなか腰が上がらないので小さな鍵盤も必要になってくる訳です。

話を元に戻しますが、汗を書いた時や暑い時期には特に不快感に繋がってきますので

触れ心地の良い表面加工の製品が良いですね。

個人的には、木でツルッとしたものが良いと思います。

布やカバー、デスクマットで補うのも良いかも知れません。

JUGEMテーマ:DTM

comments

   

trackback

pagetop