September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プラグイン EQ編

たのしい音楽教室の亘理敬晃です。

今回はプラグインの中でもEQについてお届けします。

EQ=イコライザー

前置きですが僕自身はエンジニアではないので
あくまで作曲&アレンジ用の便利グッズとして使っているまでです。

にわかエンジニアリングでの話ですのでそのつもりでご覧くださいませ。

 

DAWソフトでプラグインが使えるようになって、怒涛の勢いで多種多様なEQプラグインが出てきました。

個人的にEQを使うときは、音の余計な部分を切り取ること

また音に味付け(ビンテージ風味や倍音強調など)がほしいときに使用しています。

基本的にアレンジしていく時は音の重なりを察しながらトラックを増やしていきますので

積極的なEQはあまりやってません。

しかしながらスッキリしたミックスにはかかせませんし、、

何より、EQとは積極性です。と教えられたことがあるので

使用するときはダイナミックに切り取ってしまいます。


ここでEQを2タイプに分類しましょう。

ズバリ

①切り取り用

②味付け用


まずは①

根も葉もない事を言ってしまえば、切り取り用は、思いっきり性能の良い正確で癖のないものが一番でしょう。

まっせんば〜ぐDESIGNWORKSなど持ってこいですよね。

VSTやAUなどで個人的に押したいのが、BRAINWORKSのEQです。

今までUAD-2に入っているものやWAVESなど使ってきましたが

気楽に使えるのはDAW純正のEQだったりしました。

純正のEQには効きの良いものとそうでないものがあり、微妙なのです。


そして、②

味付け用といってもたくさんタイプがあります。

neveやapi、sslなどをモデリングしたタイプ。

maagのように倍音を調整するタイプ

真空管をモデリングしたタイプなど

DAWソフトの中でミックスするときは音を汚すことも大事なエッセンスですので

これらとテープシュミレーション系のプラグインを併用しています。

モデリング性能はだんだん良くなってきているので今後に期待です。

結局この味付けタイプは人によって好みが違うのでひと通り使ってみるしか道はございません。


というわけで、EQ編でした。


JUGEMテーマ:DTM

comments

   

trackback

pagetop