September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

DTM的振り返り、2013-2014シーズン




たのしい音楽教室の亘理です♪

今日で年内のレッスンを終え明日から年末年始のお休みに入らせていただきます。

普段はレッスンや制作に追われて、なかなか更新できないためとぎれブログで恐れいります。

今年をDTM的に振り返ってみます。

題して、「DTM的2013-2014シーズン」

なんと言ってもびっくりしたのは、Apple Logic pro Xの発売でした。

知ったのはお昼だったので、某掲示板で怒られてしまいまいた。

親からもう何年もほったらかしだったLogic 9は、目をつぶっていても扱えるまでに
なっており、マンネリも感じつつもLogicの愛すべきプラグインを駆使して
がんばっていた先の発売です。

しかし制作のお仕事も相まってかXへの移行は超慎重に行いました。

当初はバグが多くて苦労しましたが
やっぱり9とXは音が違いますので使いたいと思っていました。

年内の仕事を終え、OSをマーベリックスにUP。
OSのアップは普段はかなり遅らしますが今回は別です。

Logic Xで認識しないプラグイン(特にwaves)があったので
もしやと思って思い切りました。

すると、見事に認識したのですが、他のソフトは不安ですね。

Apple純正DAWの良い所ですので少しは恩恵に授かりたいものです。

Xは、見た目もシンプルになって良い感じです。


また2013年はプラグインの刷新をした年でした。

今までwavesとsonalksisとUADを中心にしてきましたが

プラグインアライアンス系を一気に取り入れました。

お気に入りは、proaudioDSPです。


ソフトシンセでは、コンタクト系のサンプルを導入しました。

ピアノやストリングスなど大型サンプルにも慣れてきましたね。

お気に入りのメーカーはembertoneです。

なかなか使いやすい楽器と言えると思います。

embertoneのピアノが出たらすぐ購入します。


ハード面では、midiキーボードを久しぶりに導入しました。

novationのSLシリーズですが、思ったより使い心地が良くないです。

midiキーボードは本当に難しいですね。

シンセサイザーの鍵盤を借りるのが一番マシでしょうか。

最近では電子ピアノの鍵盤を使っています。


小物系では、USBケーブルも凝ってみました。
AIMのものに期待してましたが、個人的にはOYAIDEの方が聴きやすい気がしています。

アレンジ的には、音源の向上もあって音数が少なくなってきました。
来年はもっと納得のいく音源が制作できるようになればいいなと思っています。

今年も大変お世話になりありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。



JUGEMテーマ:DTM
 

comments

   

trackback

pagetop