February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

オーホーリーナイト

たのしい音楽教室からのメリークリスマス

聖夜の夜に演奏してみました♪


みんなの声2012@たのしい音楽教室

2012年、発表会ライブに向けて「みんなで一曲を歌い上げよう!」と始めたこの企画。
限られたレコーディング時間の中、一人一人が一生懸命に取り組みました。

みんなでひとつになることがとっても楽しかったので、
来年もぜひ、みんなの力を借りて思い出の作品を増やしたいと思います!

みんな、ありがとう(^_^)(^_^)(^_^)

りんご収穫2012@たのしい音楽教室 in 長野

今年もりんごの収穫に故郷駒ヶ根まで行って参りました。 たくさんのおいしいりんごを大事に育ててくださる保科さんに感謝しております。 収穫したりんごは生徒さんとシェアしました。

エレクトリックドラムマシン系ソフトシンセの救世主か?

 たのしい音楽教室のピアノ&DTMコース担当の亘理敬晃です♪

長年、思い悩んできたエレクトリック系のドラムマシンのソフト音源

NIやサンプル集、各種アコースティック系ドラム音源など試してきましたが

結局はLogicに入っているもので落ち着いておりました。

かといって音が薄いですし、アコースティック+エレクトリックで音を作るタイプなので

どうしても充実したしっかりした音のするドラムマシン系の音がほしいと思ってました。

それもオーソドックスな古い=ヴィンテージのシンプルな音がほしい。

できれば機種別でという悩みでした。

そんなところで知ったのが、「artria spark vintage」 代理店「フックアップ」



最初は見向きもしなかったのですが、調べて行いくうちに段々これは良いかもと思い始めました。

まず機種別にたくさんプリセットがあること。

そして、アナログシュミレーションなこと。

単にサンプルを集めただけでなく、アートリアの真骨頂「TAE」なこと。

あと安いこと。。

ぜひお試しあれ



コード奏法入門講座 マインドマップをプレゼント!!

たのしい音楽教室の亘理敬晃です♪
コード奏法入門講座、基礎編のマインドマップができました!!


ご好評をいただき配布は終了いたしました。
» read more

トニイホロヘハとセットで覚えよう!!

 たのしい音楽教室のピアノ&DTM担当の亘理敬晃です♪

以前、といってもかなり昔ですが、トニイホロヘハという移調に便利な言葉に触れた記事に
現在でも結構アクセスをいただいてます。


トニイホロヘハはまさに4度圏表でのkeyの並び順になっていて





シャープが増えていく方(反時計回り)ですね。

時計回りは反対から読んだヘロホイニトハです。


トはシャープ1個、ニは2個

へはフラット1個、ロは2個といったように

シャープやフラットの個数で、その曲のkey=調がわかります。

ちなみにトとかへとかは、

ドレミファソラシドの日本語版=ハニホヘトイロハですね。

つまり「ト」は、ソですので=Gのkeyになります。

そのまま日本語ですと、ト長調になりますね。


さて、「トニイホロヘハ」「ヘロホイニトハ」とセットでぜひ覚えていただきたいのは

「シミラレソドファ」と「ファドソレラミシ」です。

シミラレ〜はフラットが付いていく音の順番です。

逆にファドソレ〜はシャープの付く音の順ですね。

つまり、例えばシャープ1つは「ト」です=ト長調=Gのkeyですね。

シャープ1個は、ファドソレ〜の1つ目ですので、ファの音に付くことになります。


もう一つだけ例で挙げると

例えば、フラット3つの「ホ」=Eフラットのkeyです。

するとフラット3つは、シとミとラに付きます。


以上、これでどの順番でシャープやフラットが付いていくか分かりますし

その数でどのkeyかも分かりますね!!

ではでは〜

おっと、ちなみにkey C=ハ長調はシャープもフラットも1個も付きませんので♪


コード奏法入門講座 いよいよ始まりました!!

 たのしい音楽教室のピアノ&DTMコース担当の亘理敬晃です。

ごあいさつから、あっという間に1ヶ月経ってしまいましたがついに動き始めました!

音声、動画などを駆使して分りやすくお伝えできればと思います。

ピアノをコードでアレンジして演奏する。曲を制作する。

何をするにも、まず音楽の仕組み=システムをインストールしましょう!

知識と知識をつなげてマップのようなものを作れると分りやすいですし
ずっと役に立つものになると思います。

大きく二つに話を分けることができます。

「音楽、コードの仕組み」と「コードを使って弾いていく実践」に分かれます。

前者の仕組みは、曲の構造にはどのような特徴があるかについて
主に曲の雰囲気やコードの並べ方の話になります。

実践の方では、実際に弾くための知識についてです。
コードの押さえ方や演奏パターン、コードに流れを作る方法などの話になります。

たくさんの方が曲をつくったり、ピアノを自由にアレンジして弾けるようになっていただくのを
想像しただけで嬉しいですしワクワクします。

ぜひご活用ください!!



まずはたのしい音楽教室のWEBページからメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

特典や受講方法はメールマガジン内でお知らせさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


コード奏法入門講座 はじめに



たのしい音楽教室の亘理敬晃です。


コードの話に入る前に「音楽」ってなんだろう?という大きなテーマから

はじめたいと思います。


もちろん、いろいろな考え方があると思いますが

僕は「音楽」=切り取られた時間を共有することだと思っています。


一定の時間、はじめと終わりがある時間をどのように過ごすかが音楽だと思っています。

時間の流れをどうのように過ごすか?でもあります。


早い話がそこにコードが並んでいく訳ですが

もともと音楽の成り立ちの上でコードというのは割と新しい考え方です。


それまでは、メロディーラインを束にして集めたような、そう花束みたいなものでした。

水平の流れ(メロディー)を束にして曲を作っていました。

今でも対位法といって、ど真ん中な作曲方法として多くの方が勉強しています。


その花束を細かく輪切りにして、そこで使われている音を調べたものをコードという形で簡略化して表しました。


お風呂や散歩の時に鼻歌でメロディーを作られた経験がありますでしょうか?

すべての原点はそこです。

このメロディーをいくつか作って重ねたりすると曲になります。


ただし最低限ののルールの中で作らないとごちゃごちゃになっちゃいますので

今からそれを学んでいただきます。


流れとしては、大前提なルールをいくつかご紹介します。

そしてコードに流れをつくり、メロディーも入れつつ、アレンジできるようになってほしいのです。


スポーツにしてもゲームにしてもルールがあるから目指すべき場所や結果が分ります。


例えば、世界中どこにいってもいいよ!と言われても旅行に慣れている人はいいでしょうが

僕みたいな素人だと、ヨーロッパとか北米とかに限定してくれていた方がありがたいです。

いずれは世界中に旅をしたい人も入れば、日本の中だけでいいという人もいるでしょう。


音楽も同じでどこまで使うかは人それぞれですし、つくりたい音楽やジャンルもぜんぜん違うでしょう。

しかし今どこで何をしているのかは知っていただきたいのです。

その先にある可能性も見えてくると思います。


コード奏法で一番重要な事は、創意工夫です。

基本を知ってどう使うかには自由があります。

ぜひ音楽やコードと遊ぶような感覚で積極的にトライしていただきたいと思います。

Macbook pro 17をSSD(2台目)で延命の巻

たのしい音楽教室の亘理(わたり)です♪

 

アップルのラインナップから17インチのMacbookが無くなってしまってさみしいのですが
うちでも例にもれず、15インチモデルを購入してから出番がない状態でした**;

なんせ持ち運びが大変で、17インチの画面に24インチ分の無理矢理な解像度で
文字が小さいのでレッスン時もけっこう気を使いました。

しかし、眠らせておくのはもったいないので
教室のレコーディング用PC、これが昔、自作した静音PC(win XP)でトラブルもなく
365日、何年間にも渡ってNuendoを動かしてくれました。

今までトラブルは一切なかったのですが、2014年のwin XP没もあり
iTunes用のiMacも老朽化してきていつデータが飛んでもおかしくないので

Macbook17に世代交代してもらいます。

といっても頼りないので、SSD化&メモリはすでに16G

レコーディング用のHDDは外付け(もちろんWD)に!!

デスクのスペースも広がりますし、アクオスへも今までAPPLE TVをかましていたのを
直つなぎ&HDMI化できます。そして、省エネ。

すべてがMacになってしまいます。

かろうじて、パラレルズ上でうごくwin7のみ

時代は変わりますし、機材も、PCも変わります。
変わらないのは人の温かみ!

by T.WATARI




発表会Liveは何の味!?

たのしい音楽教室の亘理敬晃です♪

 
今年も年に一度の秋の発表会Liveの季節がやってまいりました!

去年に引き続き特製カレーランチ+ドリンク×3で休日の昼間のひととき
ほっこりいたしましょう!


当日は、たのメン(たのしい音楽教室メンバー)の勇気溢れる熱唱や演奏。

おいしいランチ☆雲州堂さんの特製カレー

今語りたいこと☆(今回はお一人お一人の持ち時間に少し余裕が取れそうです)

講師のライブ(HikariWatari)

みんなで歌った「ダンス ダンス ダンス」VTRの上映

恒例の信州りんご争奪戦

信州の農家さんご協力の元、たのしい音楽教室ファミリーで収穫
何名かに一箱丸ごとに現地から直送。残りは早い者勝ちで持って帰っていただきます。


終了後のダラダラ打ち上げ。(有志にて)と

今年を締めくくるにはちょっと早いですが日頃の研鑽の成果を発揮していただく大事な会です。

今年はスポット参加の方もいらっしゃいます。
もちろん観に来るだけも大歓迎です。

ぜひたのしい時間を一緒に過ごしましょう!!

毎年ものすごくアットホームな発表会として自信を持って開催しております。

ぜひお気軽にお声がけ下さいませ。


たのしい音楽教室  6th発表会Live2012 in 雲州堂

日時 2012年11月17日(いいなの日) 
       午前11時スタート(16時終了予定)

場所 雲州堂(最寄り駅 南森町、北浜)




<<back|<12345678>|next>>
pagetop